FreeBSD5.3にImageMagickをインストール。

| | コメント(1)

FreeBSD5.3にImageMagickをインストールした記録です。

[libjpegをインストール]

# wget http://www.ijg.org/files/jpegsrc.v6b.tar.gz
# tar zxvf jpegsrc.v6b.tar.gz
# cd jpeg-6b/
# ./configure --enable-shared
# make
# make install

[ImageMagickのインストール]

# wget ftp://ftp.imagemagick.org/pub/ImageMagick/ImageMagick-6.2.4.tar.gz
# tar zxvf ImageMagick-6.2.4.tar.gz
# cd ImageMagick-6.2.4
# setenv CPPFLAGS -I/usr/local/include
# setenv LDFLAGS -L/usr/local/lib
# ./configure --enable-lzw=yes

--enable-lzw にて、lzw圧縮を有効にします。(TIFF画像やGIF画像の生成・圧縮に使用するアルゴリズムです。)

configureの最後に、

ImageMagick is configured as follows. Please verify that this configuration matches your expectations.

Host system type : i386-unknown-freebsd5.3

Option Value
-------------------------------------------------------------------------
Shared libraries --enable-shared=yes yes
Static libraries --enable-static=yes yes
Module support --with-modules=no no
GNU ld --with-gnu-ld=yes yes
Quantum depth --with-quantum-depth=16 16

Delegate Configuration:
BZLIB --with-bzlib=yes yes
DPS --with-dps=yes yes
FlashPIX --with-fpx=no no
FreeType 2.0 --with-ttf=yes yes
GhostPCL None pcl6 (unknown)
Ghostscript None gs (unknown)
Ghostscript fonts --with-gs-font-dir=default none
Ghostscript lib --with-gslib=no no
Graphviz --with-gvc=yes no
JBIG --with-jbig=yes no
JPEG v1 --with-jpeg=yes yes
JPEG-2000 --with-jp2=yes no
LCMS --with-lcms=yes no
Magick++ --with-magick-plus-plus=yes yes
PERL --with-perl=yes /usr/bin/perl
PNG --with-png=yes yes
TIFF --with-tiff=yes yes
Windows fonts --with-windows-font-dir= none
WMF --with-wmf=yes no
X11 --with-x= yes
XML --with-xml=yes yes
ZLIB --with-zlib=yes yes

X11 Configuration:
X_CFLAGS = -I/usr/X11R6/include
X_PRE_LIBS = -lSM -lICE
X_LIBS = -L/usr/X11R6/lib
X_EXTRA_LIBS =

Options used to compile and link:
PREFIX = /usr/local
EXEC-PREFIX = /usr/local
VERSION = 6.2.4
CC = gcc
CFLAGS = -g -O2 -Wall -D_THREAD_SAFE -pthread
CPPFLAGS = -I/usr/local/include
PCFLAGS =
DEFS = -DHAVE_CONFIG_H
LDFLAGS = -L/usr/local/lib -L/usr/local/lib -L/usr/X11R6/lib -L/usr/local/lib -lfreetype -lz -L/usr/local/lib
LIBS = -lMagick -ltiff -lfreetype -ljpeg -lpng -ldpstk -ldps -lXext -lXt -lSM -lICE -lX11 -lbz2 -lxml2 -lz -lc_r -lm -lc_r
CXX = g++
CXXFLAGS = -D_THREAD_SAFE -pthread

上記のような表示がされますので、
JPEG v1 --with-jpeg=yes yes
などがあれば、jpegファイルの処理が可能になっています。(無い場合は失敗しているので、libjpeg等をもう一度入れ直す必要などがあるでしょう。)

また、config.logにて

ac_cv_lib_jpeg_jpeg_read_header='no'

となっている場合もうまくlibjpeg等が参照されていない可能性があります。ここに大変参考になる情報がありました。

うまく入っているようであれば、make installします。

[PerlMagickのインストール]

# cd PerlMagick/
# perl Makefile.PL
# make
# make install

上記でMovableType等、PerlからImageMagickが操作できるようになります。

実際に使ってみると…。うんうん、サムネイル作成などが便利ですね。

IMG0009.JPG
[ImageMagickによるテストを施した画像(クリックして拡大)]

コメント(1)

[追記]
FreeBSD-6.0Rでは
/usr/ports/graphics/ImageMagick

からもインストールが可能です。

IPv4 Exhaustion Counter

月別 アーカイブ

Amazon

おすすめPC周辺機器
Powered by Movable Type 4.38

このブログ記事について

このページは、kentiが2005年9月15日 14:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パスワード。」です。

次のブログ記事は「あーあーあ〜!(泪)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。