kvm上においたFreeBSD9のカーネル再構築。

|

なんてことはなく、いたって普通に動作。

kvm-qemuでvirtioに対応するには、下記をゲスト(FreeBSD)に入れておきます。

[/boot/loader.conf]
virtio_load="YES"
virtio_pci_load="YES"
virtio_blk_load="YES"
if_vtnet_load="YES"
virtio_balloon_load="YES"

あとはカーネル再構築。ここは至って普通。

# cd /usr/src/sys/i386/conf
# cp GENERIC kvm_bsd
# vi kvm (必要なものを追加したりする)

# config kvm_bsd
# cd ../../compile/kvm_bsd
# make depend ; make
# make install


Screenshot_from_2014-02-24 13:44:52.png

IPv4 Exhaustion Counter

月別 アーカイブ

Amazon

おすすめPC周辺機器
Powered by Movable Type 4.38

このブログ記事について

このページは、kentiが2014年2月24日 13:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「謹賀新年。」です。

次のブログ記事は「自宅なのにサーバー筐体とかNASとかPCとか増えたなぁ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。