kenti.jpについて。

ただの個人的なblogです。
主にFreeBSDやLinuxに関する記事を記載しているつもりです。
YAMAHA RTルータに関することなども書いたり、昔から自由きままだなぁ。

[沿革]
1996年04月:LANに関することを仕事しながら勉強する
1997年09月:UNIX(UXP/DSとSolaris)を使用した業務に携わる
1998年01月:自宅でINS64を引いて簡易サーバーを公開してみる
1999年01月:世間にクライアントサーバーシステムが出始める
2000年07月:PCのインストラクター兼社内サーバー・ネットワーク管理をし始める
2002年03月:当時の上司が急逝し、この業界に深く携わることになる
2002年12月:自宅の屋根裏にFreeBSD + 固定IP + jpドメインを用意する
2003年02月:YAMAHA RT54を使用したVPN LAN間接続を構築してみる
2003年03月:FreeBSD/Apache/PHP/PostgreSQLを使用したWebホスティング業務のサポート
2003年10月:上司が亡くなってからは、お客さんに謝りに行く日々1
2004年07月:上司が亡くなってからは、お客さんに謝りに行く日々2
2005年01月:社内IT運用&Webホスティングサービス管理(ある意味属人化)
2006年07月:サッカーの中田英寿が引退と同時に、私も引退
2006年08月:フィールドエンジニアみたいな、営業みたいな職を得る
2007年04月:VineLinuxでVNC SCを使ったマルチXvncサーバの構築をする
2008年03月:外資系会社で社内情シスとなる。WindowsServerが多い環境
2009年04月:MS製品、CiscoスイッチやOracleに触れる機会を得る
2009年07月:社内情シスなのに数ヶ月東京赤坂勤務
2010年10月:ほぼ仕事が手につかなくなる1
2012年05月:ほぼ仕事が手につかなくなる2
2012年10月:外資の強い圧力と共に英語を覚えさせられる
2013年08月:いったいこの職場の窓から何度冬を越す日を迎えるのか不安になる
2014年03月:外資系会社が地元から撤退し仕事を奪われる
2014年04月:フルーツ企業の情シスとなる
2014年07月:社内ツールとしてPHP/MySQLで金券管理Webアプリを作成
2014年11月:部署異動で果物タルト販売員に。その傍ら社内ITをサポート
2015年05月:「ITの人=PCとExcel詳しいんでしょ」レベルで扱われる毎日
2016年02月:また情シスへもどる。でも店舗でタルト販売のヘルプはある
2017年03月:「ITの人=パワポ詳しいんでしょ」レベルで扱われる毎日
2017年09月:フルーツ企業の情シスを辞める
2017年10月:主にCentOSをよく使う職場へ変更する
2018年03月:仮想環境を手広く扱う。もう実機なのか仮想なのか…
2019年07月:ホノルルへ旅に出る(ただの社員旅行5日間)

[過去に触ったもの]
Linux…TurboLinuxが最初。その後職務でRed Hat/CentOSを使用したり、趣味でdebianを使用したり。
FreeBSD…ipfwやsquidを使用したFirewallを構築する。Linuxではipfilter。
Solaris…sparcを初めて触ってsyslogを取ったり。x86が出てから敷居が下がりました。
YAMAHA RTシリーズ…これがなかったら今の私はなかったかも。
Cisco…簡単にスイッチの設定やルータの設定ができるくらい。
Oracle…使うのに手続きが大変だなぁ、というのが個人的な所感。業務で使用。
PostgreSQL…フリーのSQLを触ったのはこれが最初。
MySQL…同じく、広く世間で多く使われていますね。
PHP…必然的にSQLをWebから…となると、使いますよね。

[FAQ]
Q.このサイトいつからあるんですか?
A.whoisしてみるとわかります。

$ whois ns.kenti.jp

Host Information:
[Host Name] ns.kenti.jp
[Created on] 2002/12/08