LinuxのP2VやV2Vなど

「普段使いのPCにLinuxを使っているのはあなたぐらいですよ」
と職場の人によく言われます。変人の部類なんだろうか私…。
個人的には職場のWinPCがLinuxでも仕事に支障がないレベルなのですが。。。

VPSで使用しているCentOSをアップデートしていないので、VM内にある検証環境でアップデートを試してみてから、VPSの本番環境をアップデートしてみます。

ちなみに、、、既に動作しているCentOSや他ディストリビューションのLinuxでも、vmConverter等を使わずにHot Cloneはできました。

[Hot Clone LinuxServer]

Hot Clone A CentOS Server With Rsync

必要なのはrsyncとssh あとはコピー先に素のCentOSを入れておくことでしょうか。

1)前準備

移行元:CentOS6.10 (本番環境/VPSで動作中)
移行先:CentOS6.10 (検証環境/筆者のVMで動作予定)

2)
移行元にて、移行先へコピーしないリストを作ります。

vi /root/exclude_list.txt

/boot
/dev
/tmp
/sys
/proc
/backup
/etc/fstab
/etc/mtab
/etc/mdadm.conf
/etc/sysconfig/network*
/var/lib/mysql

3)移行元から、移行先へrsyncをします。
このとき、移行先へはrootで一時的にsshできるようにしておくと吉です。
なお、MySQLや動きのあるものは止めておくか、(2)の除外リストに書いておきrsyncから除外して置いたほうがよいです。


rsync -vPa -e 'ssh -o StrictHostKeyChecking=no' --exclude-from=/root/exclude-list.txt / 移行先IPアドレス:/

rsyncが終わったら、移行先をいったん再起動すると移行元のユーザ名/パスワードでログインできるはずです。(/etc配下もrsyncされますので。)